教育理念
POLICY
HOME > 大学院紹介(修士課程) > 教育理念

修士課程 教育理念と目的・目標

建学の精神

赤十字の看護は、赤十字基本原則である人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性を行動指針とする。
そして、国際的な視野に立って人々の生命を守り、個人の尊厳と権利を尊重する。その看護活動は、国籍・人種・信条及び政治的・社会的立場の処何にかかわらず、対象となる人々のあらゆる健康レベルに応じた健康上の問題を解決することである。本学の建学の精神は、これらの赤十字理念を基調とした人道を大原則とする。

教育理念と目的

本大学院は、建学の精神である赤十字の理想とする人道的任務の達成を図るため、看護に関する学術の中心として、広く看護の実践と教育・研究に関する理論と専門技術を教授研究し、深い学識及び卓越した感性と人間性を備えた高度な看護専門職の育成を図り、看護学の発展とともに世界の人々の健康と福祉の向上と豊かな生活の創造に寄与することを目的とする。

課程の目的

修士課程は、広い視野に立って深い学識を教授し、人間性を涵養するとともに、看護学における研究能力及び高度な専門性を必要とする看護職としての高い能力を培うことを目的とする。

教育目標

1.赤十字の基本原則を理解し、看護学の発展に寄与できる看護職者を育成する。

2.看護学の専門分野における創造的な問題解決能力を有する研究・教育者を育成する。

3.看護学の専門分野における卓越した実践能力を有する専門看護師・看護管理者を育成する。