高い就職実績!
SPECIAL LESSON1
[災害救護その緊迫感の中で。]
災害時の看護活動や心のケアを学ぶ。
災害時の看護活動や
心のケアを学ぶ。

赤十字災害看護学

赤十字の使命として、災害発生時の救護活動があります。災害が人々の生命や生活に影響を及ぼすことを理解し、災害看護活動を行うために必要な、災害各期の看護活動やこころのケアを学習します。さらに、赤十字の国際的な医療・保健支援活動の理解とともに国際協力及び国際看護活動を行うために必要な基礎的能力を育成しています。

赤十字救護員研修で体験するリアルな学び。
赤十字救護員研修で
体験するリアルな学び。

赤十字災害看護学演習

日本赤十字社愛知県支部主催の救護班要員養成研修が、年1回本学で行われます。災害時における負傷者の救護を赤十字の医師や看護師が体験を通して学ぶものですが、本学学生は「赤十字災害看護学演習」の授業の一環として、負傷者役・家族役を体験します。研修には愛知県防災航空隊・愛知県警察・豊田市消防本部も参加し、ヘリコプターによる負傷者の救急搬送訓練も実施します。緊迫した空気の中、赤十字救護員に必要な心構えや技術を学ぶことができます。

SPECIAL LESSON2
[地域の中核病院で先進医療を学ぶ。]

2つの「赤十字病院」をはじめ、
充実した臨地実習施設。

臨地実習

1年次の「基礎看護学実習I」をはじめ、臨地実習の多くが名古屋市内の2つの赤十字病院で実施されます。いずれも数多くの診療科を備え、高度先進医療を提供する地域の中核病院です。あわせて、刈谷豊田総合病院をはじめ、数多くの病院やクリニック、福祉施設、企業などで実習を行います。

SPECIAL LESSON3
[世界で活躍する看護師に]

国際救援活動で活躍できるよう、英語をしっかり身につける。
イギリスの医療・福祉を学び英語力もアップ

英国語学研修

赤十字事業のひとつに国際救援事業があります。この科目は、イギリスで医療や福祉の最前線の活躍を学びながら、英語力を高める研修です。夏休みに3週間、イギリス南西部の歴史ある港町プリマスでホームステイをしながら、午前中は語学学校で英語のレッスン、午後は赤十字社や医療機関、福祉施設、大学(看護学部)、ボランティア団体などを訪問します。現地で働く人々との交流を通じて、日本とは異なる医療・福祉の環境や看護の方法などを学べる貴重な機会です。また、帰国後に英語で行う報告会は、研修成果を発表する学生にとって大きな自信となります。

発展途上国での医療支援を体験学習。
発展途上国で養う、異文化理解の伴った看護力

国際救援看護論実習(選択科目)

東南アジアなどの発展途上国における保健活動や医療支援を体験学習しながら看護実践力を養います。日本とは異なる世界の現状を肌で感じ、支援活動に携わる人々や現地の大学生と交流を深めることのできる機会です。このような体験から、人道を基盤とした広い視野で看護を考えます。