万全の実習環境
CLINICAL PRACTICE
臨地実習

赤十字の理念が息づく実習環境で看護の実践力を養う
教科書では学べない気づきを成長に生かす
臨地実習は、授業で学んだ看護の知識や技術を、医療や福祉の現場で実際に使いながら身につけていくことが目的です。また、同じ病気で入院していても、たとえば子育てをしている人と仕事をしている人、学校に通っている人とでは、病気や入院の持つ意味が違ってきます。実習の場では、そうした看護を受ける人の個別性を実感をもって理解し、その人の生活背景や考え方に合わせて最適な看護を実践していく方法を学びます。
本学の臨地実習の特色
赤十字の大学だからこそ可能な質の高い実習内容
赤十字の大学だからこそ可能な質の高い実習内容

臨地実習が行われるのは、名古屋にある2つの赤十字病院をはじめとした、本学とかかわりの深い病院や福祉施設です。常に質の高い実習ができるよう、すべての実習施設と密に定期連絡会を実施。最先端の医療現場で、あらゆる看護ニーズに適切に対応できる看護力を養うことができます。

実習指導者+教員による手厚い実習サポート
実習指導者+教員による手厚い実習サポート

実習期間中は本学の教員が実習先へ毎日同行し、学生一人ひとりの実習状況を実習指導者と共有しながら、実習目標の達成に向けてきめ細かく指導しています。さらに、実習先で働いている数多くの本学卒業生も、後輩の目線に合わせて見守ってくれます。

本学の臨地実習施設
日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院

名古屋市西部からあま市、津島市を含む地域の住民が必要とする救命救急や高度医療を担う高度急性期医療の拠点病院です。この機能を維持するため、精緻な操作ができる内視鏡手術ロボット、最新の CT や MRI への更新など、日々進歩する医療・医療技術を取り入れ、造血細胞移植センター、がんゲノム連携病院として特殊高度診療機能にも力を注いでいます。また、バースセンターを持ち、近隣の医療施設・在宅医療との連携を強め、地域包括ケアを推進する医療を提供し、地域の医療従事者が成長できる研修体制の充実を図っています。

名古屋第二赤十字病院
日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院

名古屋市東部における高度急性期医療の拠点病院であり、三次救急の不応需ゼロを目指して職員が一丸となり取り組んでいます。患者支援センターでは経験豊富な看護師たちが、多職種とのきめ細やかな連携をはかり、病棟看護師たちとともに、患者さん·ご家族に安心した地域での療養生活が継続できるよう、「思いやりの心」「一期一会の看護」をモットーに看護を提供しています。また国際医療救援拠点病院であり、その人材育成や大規模災害に備えた整備をしています。2020年8月には、地域の災害医療管理の拠点となる「日赤愛知災害管理センター棟」を竣工しました。そして2021年2月には「医療の質と患者の安全」の国際基準であるJCIを更新し、承認されました。

実習先一覧
担当看護学領域 実習施設
基礎看護学 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院、刈谷豊田総合病院 、名古屋掖済会病院、豊田厚生病院
成人看護学 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院、豊田厚生病院
老年看護学 刈谷豊田総合病院東分院、刈谷豊田総合病院高浜分院、みよし市民病院、並木病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム
母性看護学 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院、刈谷豊田総合病院 、トヨタ記念病院、愛知県内助産所
小児看護学 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院、刈谷豊田総合病院、豊田市立こども園
精神看護学 刈谷病院 、共和病院 、藤田こころケアセンター 、豊田西病院 刈谷市障害者支援センター
在宅看護学 愛知県内の訪問看護ステーション 、豊田市内の地域包括支援センター等
公衆衛生看護学 愛知県内の保健所、市町村保健センター、あいち健康の森健康科学総合センター、事業所内健康管理室・健康管理センター
赤十字看護学 タイ赤十字社、ミャンマー赤十字社、 JICA等
全領域看護学 日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院、中部ブロック赤十字病院、藤田医科大学病院、八千代病院、トヨタ記念病院、並木病院、豊田厚生病院、共和病院、藤田こころケアセンター、小林記念病院
(令和元年度は16施設)