万全の実習環境
CLINICAL PRACTICE
臨地実習

赤十字の理念が息づく実習環境で看護の実践力を養う
教科書では学べない気づきを成長に生かす
臨地実習は、授業で学んだ看護の知識や技術を、医療や福祉の現場で実際に使いながら身につけていくことが目的です。また、同じ病気で入院していても、たとえば子育てをしている人と仕事をしている人、学校に通っている人とでは、病気や入院の持つ意味が違ってきます。実習の場では、そうした看護を受ける人の個別性を実感をもって理解し、その人の生活背景や考え方に合わせて最適な看護を実践していく方法を学びます。
本学の臨地実習の特色
赤十字の大学だからこそ可能な質の高い実習内容
赤十字の大学だからこそ可能な質の高い実習内容

臨地実習が行われるのは、名古屋にある2つの赤十字病院をはじめとした、本学とかかわりの深い病院や福祉施設です。常に質の高い実習ができるよう、すべての実習施設と密に定期連絡会を実施。最先端の医療現場で、あらゆる看護ニーズに適切に対応できる看護力を養うことができます。

実習指導者+教員による手厚い実習サポート
実習指導者+教員による手厚い実習サポート

実習期間中は本学の教員が実習先へ毎日同行し、学生一人ひとりの実習状況を実習指導者と共有しながら、実習目標の達成に向けてきめ細かく指導しています。さらに、実習先で働いている数多くの本学卒業生も、後輩の目線に合わせて見守ってくれます。

本学の臨地実習施設
名古屋第一赤十字病院
名古屋第一赤十字病院

名古屋市西部における高度急性期医療の拠点病院です。2010 年に全面的な建て替え工事が完了し、施設・設備を一新しました。その後も、高度で安全・安心な医療を提供し続けるために、常に最新の医療機器を導入しています。癒しのある環境づくりにも努め、「患者さんにとってNo. 1 の病院」を目指しています。また、医療スタッフが互いに成長し合える教育体制にも力を注ぎ、近隣のリハビリテーション病院、慢性期病院、介護老人保健施設や、在宅医療との連携を強め、24 時間、地域の人々の生命を守る地域完結型医療を推進しています。

名古屋第二赤十字病院
名古屋第二赤十字病院

名古屋市東部における高度急性期医療の拠点病院であり、また国内5カ所にある国際医療救援拠点病院のひとつです。100 年を超える歴史を土台に、救命救急医療、地域連携、国際救援などさらなる発展に努めています。そして「思いやりの心を大切に」をモットーに、「患者安全」と「医療の質向上」を目指し国際評価基準であるJCI ※を受審し認定を受けました。また、南海トラフ地震などに備えた災害医療拠点となる「日赤愛知災害管理センター棟」の新築事業は、2020 年の完成を目標に現在進行中です。
※ JCI = Joint Commission International

実習先一覧
担当看護学領域 実習施設
基礎看護学 名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、刈谷豊田総合病院 、名古屋掖済会病院、豊田厚生病院
成人看護学 名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、豊田厚生病院
老年看護学 刈谷豊田総合病院東分院、刈谷豊田総合病院高浜分院、みよし市民病院、並木病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム
母性看護学 名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、刈谷豊田総合病院 、トヨタ記念病院、愛知県内助産所
小児看護学 名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、刈谷豊田総合病院、豊田市立こども園
精神看護学 刈谷病院 、共和病院 、藤 田こころケ アセンター 、豊田西病院 刈谷市障害者支援センタ
在宅看護学 愛知県内の訪問看護ステーション 、豊田市内の地域包括支援センター等
公衆衛生看護学 愛知県内の保健所、市町村保健センター、あいち健康の森健康科学総合センター、事業所内健康管理室・健康管理センター
赤十字看護学 タイ赤十字社、ミャンマー赤十字社、 JICA等
全領域看護学 名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、中部ブロック赤十字病院、藤田医科大学病院、八千代病院、トヨタ記念病院、並木病院、豊田厚生病院、共和病院、藤田こころケアセンター、小林記念病院
(令和元年度は16施設)