在学生の声
STUDENTVOICE
HOME > キャンパス ライフ > 在学生の声

1年次の学び

看護の基盤となる人間について 多様な側面から学ぶ


M・Mさん

Q&A

Q1 入学した理由は?
災害時の看護や防災教育を学べる災害看護、国際的な保健医療に関する看護活動や救援活動を学べる国際救援看護に力を入れているため魅力を感じ、入学を決めました。
 
Q2 印象に残っている授業は?
基礎看護技術Ⅰです。看護技術を通して適切な看護を提供する大切さを学びました。看護演習では、臨床経験豊富な先生方に指導を受け、疑問点はその場で先生に聞くことができ、学びが深められる授業でした。
 
Q3 将来の目標は?
新型コロナウイルス感染拡大下のような特殊な状況が起きても臆せず、臨機応変に対応できる看護師になりたいです。そのために十分な知識、技術、思考力をこの四年間で身に付けたいです。
                                 ※選択科目(2021年度前期)

2年次の学び

看護の現象を科学的に捉え、 実践力を身につける


T・Uさん

Q&A

Q1 入学した理由は?
災害看護に興味があり、日赤の看護大学で災害看護について学びたいと思ったからです。また、多くの病院との提携があり、奨学金制度が充実しているからです。
 
Q2 印象に残っている授業は?
2年次の基礎看護学実習Ⅱでは初めて患者さんを受け持って個別性に合った援助計画を考え、援助を行いました。刻々と変化する患者さんの病態や気持ちを観察・理解し、寄り添うのは容易ではなく、刺激を受けました。
 
Q3 将来の目標は?
気付きの多い看護師になることです。患者さんの病態や心の小さな変化に気付き、問題解決ができる看護師になりたいです。また、地域に支えられて育ったので、地域に根付いた看護をしたいです。
                                   ※選択科目(2021年度前期)

 

3年次の学び

保健・医療・福祉の場における 看護の役割を学ぶ



R・O さん

Q&A

Q1 印象に残っている授業は?
保健指導方法論です。講義に加え、保健指導のロールプレイを通じて、様々な健康課題を抱えている方が地域でその人らしく生活していくためにはどのような支援や関わり方が必要なのかを学びました。
 
Q2 印象に残っている実習は?
老年看護学実習です。加齢とともに身体の機能が低下していく中で、患者さんが大事にしてきたことや今後このように生活していきたいという思いをいかに治療や今後の生活に反映させていくかが大切だと実感しました。

 
Q3 将来の目標は?
確かな知識や技術を持ち、患者さんの病気だけでなく、その人の生き方や希望に寄り添うことのできる看護師なることです。
                                      (2021年度前期)

 

4年次の学び

自ら主体的に学び、看護を追求する力を身につける



A・K さん

Q&A

Q1 印象に残っている授業は?
赤十字災害看護学演習です。避難所生活の体験や、救護所設営のグループワークを通じて、さらに災害について深く考える機会となりました。
 
Q2 印象に残っている実習は?
公衆衛生看護学実習です。実際に地域に出向き地域診断をしたことや、健康教育を行うためにグループメンバーと協力して準備をしたことが特に印象に残っています。
 
Q3 将来の目標は?
赤十字の大学で学んだ知識や技術を生かしながら、患者さんとその家族に寄り添うことができる看護師になりたいです。
                                       (2021年度後期)