在学生の声
STUDENTVOICE
HOME > キャンパス ライフ > 在学生の声

1年次の学び

赤十字ならではの学び、看護の知識だけではなく、人として成長する学びがある

倉内 あづきさん
 
基礎看護技術では、援助を考える課題が出て、さらに技術テストもあるので大変でした。ですが、課題で援助を多角的に考える習慣が身についたり、テストに向かって友達と沢山練習した経験が自信に繋がっています。厳しい分、自分の力になるので、この大学に入学してよかったと思えました。また、国際救護に興味のある人や災害救護に興味のある人も多く、学習意欲の高い友人が周りに多いので環境にも恵まれています。
 
Q1 入学した理由は?
看護師になりたいという思いがあり、加えて災害救護・国際救護に興味があったので英語にも力が入っていることに魅力を感じました。
 
Q2 いちばん印象に残っている授業は?
形態機能学です。各臓器について正常な状態を知り、障害が起きたときどのような影響が出るのか学びました。関連する病気の話を聞くのがとても楽しかったです。
 
Q3 将来の目標は?
教授から「プロになるから、怠ける必要はない。」と教えて頂き、誠実に看護学と向き合っていくことが目標です。
 

2年次の学び

充実した環境と、確立されたサポートで、着実なステップアップ

浅井 康祐さん
 
本学では、災害看護学や赤十字救急法など大学の特色である災害について学ぶことができます。また、ラーニングポットといった自己学習ができる環境が整備されており、主体的に学習を進めることができるので、国家資格の勉強や目標に向かって努力する支えになっています。
 
Q1 入学した理由は?
小学6年生の東日本大震災をきっかけに、人の命を助ける仕事がしたいと思い、災害について学ぶことができる本学を選びました。
 
Q2 いちばん印象に残っている授業は?
形態機能学です。看護を学ぶ上で基盤となる、身体の構造や機能を病気と関連付けて学ぶことができ、病態のメカニズムを論理的にアセスメントする力が身につきました。
 
Q3 将来の目標は?
患者さんの目指す姿や生活に近づくことができるように、本人の意思を尊重した看護をすることです。

 

3年次の学び

夢の実現のため、知識と技術を包括的に学び、
時代に沿った現場対応力をより高める

横川 友美さん
 
私の夢は保健師です。本学では実際に地域に出向き、健康教育の企画から実施・評価までを体験する科目があり、目標に向かって躍進することができました。保健師に関する講義では、グループワークをすることも多く、広い視野でものごとを見る力が身につき、卒業後の不安も払拭できています。健康寿命の長い地域が持つ特徴を生活や文化から学び、健康寿命を延ばす生活習慣を考え実践する保健師活動に携わることで、地域の健康の維持に役立ちたいと考えています。
 
Q1 3年間を通して印象に残っている講義は?
健康教育方法論Ⅱです。地区診断で得られた健康課題の解決につながる健康教育を立案・実施を行いました。
 
Q2 「健康教育方法論Ⅱ」で学べたことは?
社会の基盤となる健康な地域を地域住民と共に創っていく「地域づくり」について考えるきっかけとなり、地域の健康課題の解決に必要な社会資源を探す・創っていくことにも興味を持つことができました。
 
Q3 将来の目標は?
保健師として患者さんだけでなく、地域住民の病気の予防活動や健康学習を通じて地域全体の健康度を高めたいと考えています。

 

4年次の学び

4年間の学び、夢に向かって培った経験は一生モノの財産です。

池田 伊吹さん
 
高校生の時に、担任の先生から勧めていただき、日本赤十字社中部各県支部長推薦入学試験を利用して本学に入学しました。
本学には、自分が目指す看護師になるために必要な知識や技術を学ぶことができる環境があります。
教員と学生の距離が近く、学びやすいため、洗練された密度の高い教育を受けることができます。看護学の専科大学であるため、サークル活動や大学行事での他学年との交流や学生同士の団結感が深まることが魅力の1つです。
 
Q1 4年間を通して印象に残っている講義は?
母性看護学Ⅱです。模型や人形を使って技術練習を行ったので、男子学生では想像しにくい場面も分かりやすく学習できました。
 
Q2 「母性看護学Ⅱ」で学べたことは?
今後、男性看護師としてかかわることがあまり多くない妊産婦への看護技術を学ぶことができ、実習でもある程度の技術を使うことができました。
 
Q3 将来の目標は?
ER(救急救命室)で働くプロフェッショナルな看護師になり、どんな緊急時でも、冷静に対応できる看護師になることです。