看護学部概要
NURSING
HOME > 学部紹介 > 看護学部概要

看護学部・看護学科概要

国内外の保健・医療・福祉・救護の場で活躍できる看護専門職を養成します。

4 年間の看護学教育を経て、国内外の保健・医療・福祉の分野において指導性を発揮し、さらに将来、看護教育・研究の発展に貢献できる人材の育成を目標としています。

下図は主要概念の関係を表したものです。看護の対象である人間は、環境と常に相互作用しながら生活を営んでいます。そして、自らの健康を維持・増進、回復するために様々な活動を行っています。

看護と赤十字は、その人にとって望ましい健康状態を生み出すように人間と環境に働きかける関係にあると捉えます。

カリキュラム
「教養」と「専門」を統合した楔(くさび)形カリキュラム
教養・専門基礎・専門の各科目群を個別にまなぶのではなく、5つの主要概念に沿って統合化。1年次から看護学の専門領域を学ぶことができ、段階的にその比重を高めていく楔形カリキュラムを導入しています。

豊かな人間性をはぐくむ、学びの分野。

カリキュラム編成の基本となる主要概念は、「人間」「環境」「健康」「看護」「赤十字」です。

看護の対象である人間は、環境と常に相互作用をしながら生活を営んでおり、自らの健康を保持・ 増進、回復するためにさまざまな活動を行っています。「看護」「赤十字」はその人にとって望ましい健康状態を生み出すように、人間と環境に働きかける関係にあります。

カリキュラムは、この主要概念にそって構成されています。

5つの主要概念

 

カリキュラム

保健・医療・福祉・救護の現場で必要な知識と技術を身につける。

カリキュラムは5つの主要概念で構成されています。

看護の対象である「人間」は、「環境」と相互に作用しながら、自らの「健康」を保持・増進、回復するためにさまざまな活動を行っています。

「看護」と「赤十字」は、その人にとって望ましい健康状態を生み出せるよう、人間と環境に働きかける関係にあります。

4年間の学びの流れ

1年次

2年次

3,4年次

臨地実習(令和元年 5月現在)

看護を必要とする人々と向き合いながら、実践力を身につけます。

看護の学習には臨地実習が不可欠。授業で学んだ知識や技術を療養や生活の場で使いながら身につけていきます。

実習の場では、教科書には載っていないような問題にも遭遇します。

そうした問題と向き合うことで、看護の対象が個性をもった人間であることが実感できるに違いありません。

 

臨地実習

セメスターとは…

セメスターとは、1年間を2学期(春・秋)に分け、それぞれで単位認定を行うシステムです。履修登録の機会が増えることにより、科目選択の自由度が増します。

 

科目等履修生制度を導入

科目等履修生制度とは、大学(大学院)入学資格を有する人が、大学院、大学および短期大学の特定の授業科目を履修することができる制度です。授業科目を履修し、試験に合格すれば、その授業科目の単位を修得することができます。なお、大学で修得した単位は、学位取得のための学位授与機構に申請する単位として利用できます。