就職・進学・卒業生の声
GRADUATES
HOME > キャンパス ライフ > 就職・進学・卒業生の声

就職・進学・卒業生の声

卒業生からのメッセージ

一つ一つの積み重ねが、大きな感動を引き寄せる

名古屋第一赤十字病院 勤務 
2014年3月卒業
下平 伊織さん
 
在学中は当院で実習したことや日赤ふれあい祭りボランティアとして参加するなど、病院と関わる機会に恵まれ、その中で当院の雰囲気やスタッフに触れ、この病院で働きたいと思うようになりました。チームで一生懸命にケアを行うことで、新生児が1つ1つ壁を乗り越えながら徐々に元気に成長し、退院していく過程を見られることに大きな喜びを感じます。私は、看護師になって4年目ですが日々勉強の毎日で、新しいことに挑戦するときはとても緊張しますが、看護師になるという同じ夢を持った仲間と助け合ったことや、先生方の指導のおかげで乗り越えることができたことを思い出し、自分の壁に立ち向かうことができています。
 
〔主な業務内容〕
NICU(新生児集中治療管理室)で集中的な治療が必要な新生児を対象とした看護を行っています。
 
ハイリスクな児は広く細かい視点での観察が必要で、変化に気づけるようにいつも集中しています。また、新生児のケア以外にも両親に対する支援は重要な仕事です。限られた時間の中で話をし、児のケアを一緒に行う中で思いに寄り添い、アドバイスしながら児と両親の関係が良好に築けるように努めています。

関わったすべての方が笑顔になれるように、責任を持って取り組む

名古屋第二赤十字病院
2012年3月卒業
小出 千尋さん
 
産科病棟で助産師として勤務しています。貴重なお産の場面に関わらせてもらい、担当させていただいたご家族から感謝の言葉を頂ける経験は何事にも代えがたい経験です。2人の命を守るわけですから緊張感も高いですが、お産が終わり元気に帰られる姿を見るとホッとします。日頃の業務には、看護のあり方や身だしなみなど大学での学びが活かされています。
また、助産師を目指している方も、日赤が大切にしている「看護」を十分に学んだ上で進学すると、学びが深まります。進学を考えている方も、卒業後の進学先の情報なども揃っているので、悩む必要もありません。
 
〔主な業務内容〕
お産に関わるあらゆる業務を行っています。
 
お産を迎える産婦さんのケアや、分娩介助、新生児のケア、帝王切開になる産婦さんのケア、入院管理が必要な妊婦さんの治療の介助、妊婦中に受講してもらう母親学級の企画運営と多岐にわたって業務を担当しています。どの業務もやりがいがあり、産婦さんや赤ちゃんが元気になることを意識しています。