就職・進学・卒業生の声
GRADUATES
HOME > キャンパス ライフ > 就職・進学・卒業生の声

就職・進学・卒業生の声

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院 勤務

患者さんに寄り添い、より良い解決策を見つける

2018年3月卒業 N・Hさん

中学生のとき、職場体験で看護師の仕事を間近で見たことが看護師を志すきっかけでした。看護師はとてもやりがいのある仕事です。手術後の患者さんが元気な姿で退院されたときや、慢性期で入院されている患者さんが本人や家族の望む形で退院を迎えられたときには大きなやりがいを感じます。予後不良(治療による回復が見込めない状態)で入院される方もいらっしゃいます。どうしたら患者さんに寄り添うことができるのか悩むことがありますが、他スタッフと協力して解決策を見つけていきます。わからないことは、その日のうちに調べる習慣は大学で身につきました。講義後に先生方へ質問したり、実習中のわからないことはメモして翌日には答えられるようにするなど、今の仕事に大変役立っています。大学の先生方はフレンドリーで相談もしやすく、学内はとても明るい雰囲気です。看護師を目指す上で、とても良い環境だと思います。
 
〔主な業務内容〕幅広い知識を修得して患者さんをサポート
 
私が務めている病棟は、女性センターといって女性の患者さんが入院されています。産婦人科、女性泌尿器科を主としていますが、内科・外科に関わらず様々な患者さんを受け入れています。術後の急性期看護や高齢の方の慢性期看護など幅広い知識が必要となる部署です。今年から新人看護師の指導者という立場になりました。他者に責任を持って指導する上で、自身も正しい知識・技術を伝えられるように日々自己研鑽に励んでいます。

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院 勤務

患者さんの笑顔がやりがいになる

2017年3月卒業 J・Iさん
 
高校生の時、人の命について考えることがありました。自分は何もできなかったことが悔しく、将来は生死にかかわる仕事に携わりたいと思い、看護師を目指しました。手術後訪問に伺ったときに御礼のお言葉を頂いたり、笑顔を見ることができたときにやりがいを感じます。大学で赤十字についての授業があり、「人道」「公平」「中立」など、赤十字の基本原則について学びます。赤十字の理念を学ぶことで臨床に出た際に、患者さんへの対応や看護の場面に活かされていると感じます。大学のキャンパスは田舎なことに驚愕しました!しかし、その環境だからこそ集中して看護の勉強に取り組むことができます。また、仲間と過ごす時間が多く、お互い協力したり、繋がりの強さを感じます。コロナ禍で大変な時期ですが、受験生の皆様、勉強を頑張ってください。
 
〔主な業務内容〕他のスタッフと連携して手術を円滑にサポート
 
手術室に配属されています。高度急性期病院であるため日々多くの診療科手術や予定外の緊急手術を行っています。手術室看護師の役割は大きく分けると2つあります。1つはドラマなどでよく見る医師へメスなどの器械を渡す役割の直接介助看護師、もしくは器械出し看護師、もう1つは全身麻酔などの介助や患者さんの全身状態の観察をする間接介助看護師もしくは外回り看護師です。他の医療スタッフと連携を取りながら手術の円滑な進行をサポートします。

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院 勤務

患者さんが抱える看護問題解決のため、看護の展開方法を考える毎日

2018年3月卒業 M・Sさん
 
高校の先生の勧めで、大学のオープンキャンパスに参加し、私もこんなやりがいのある仕事がしたいと思い看護師を目指しました。看護師という仕事は、常に勉強が必要で、人の命にかかわる大変な仕事です。その分、達成感も大きく、患者さんの症状が改善すると私も嬉しくなります。大学の病院実習での患者さんとの関わり方や、看護過程の展開を学ぶことができたことは、今の重要な基礎になっていると思います。様々な思いを抱いておられる患者さんの言葉を傾聴したり、一人一人異なる看護問題解決のため、看護の展開方法を毎日考えています。日本赤十字豊田看護大学は看護師として必要な知識や技術を学ぶことができる場所だと思います。大変だと思いますが、自分の目指す看護師になれるよう応援しています。
 
〔主な業務内容〕多職種で連携し、患者さんをサポート
 
私は脳神経外科病棟に勤務しています。日々の業務は点滴管理や手術後の痛みのコントロール、症状の観察、また寝たきりの方も多いので食事や排泄などの日常生活の援助を主に行っています。また、今までどおりの生活ができなくなって、リハビリをしている方には、麻痺などの状態に合わせて、医師や看護師といった職種の壁を越えて協力し、患者さんが自分の力で日常生活を送ることができるようサポートしています。

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院 勤務

患者さんやご家族に「ありがとう」と言われることで自分の看護に自信が持てる

2019年3月卒業 S・Fさん
 
祖母が入院した際、担当してくださった看護師さんが祖母に対して常に優しく丁寧に接してくれたことが看護師を目指したきっかけです。私が勤めている小児科では、様々な疾患の子どもたちが入院し、治療を行います。安全に検査や治療が進められるよう、患者さん中心の看護を行います。先輩と一緒に患者さんを受け持つので先輩の技術を間近で感じることができることも成長につながります。大変なこともありますが、患者さんやご家族に「ありがとう」と言われると、自分の看護に自信が持てるようになります。大学で学んだ経験は、患者さんとの関わり方や看護の基礎技術など、今に活かされています。そして何より卒業後もお互いに高めあうことができる仲間と出会えました。ぜひ日本赤十字豊田看護大学でかけがえのない4年間を送ってください。
 
〔主な業務内容〕発達段階やその子の性格にあわせた関わりを
 
小児科では、発達段階やその子の性格にあわせた関わりが必要となるため、関わり方が難しいと感じることはあります。しかし、声かけを工夫し、患者さんがケアに対して積極的になってくれたりする場面があると面白いと感じ、やりがいを感じます。 看護師は患者さんにとって近い存在であるため、患者さんの変化にいち早く気づけるよう常に状態観察を行い、観察した情報をもとにアセスメントし、看護につなげています。