赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
HOME > 大学案内 > 学長挨拶

 

学長挨拶

夢への飛翔にむけて看護を学ぶ皆さんを待っています。

学長  鎌倉 やよい

 世界の赤十字社の人道精神に基づき、全国の赤十字医療施設では、国内外を問わず災害時には医師や看護師等が被災地に救護班として派遣され、活動をしてきました。

 本学は、人道精神を導く赤十字基本原則を建学の精神として掲げています。教育カリキュラムは「人間・環境・健康・看護・赤十字」の5主要概念から構成され、赤十字の概念のもとに災害看護学、災害救護等の科目が配置されて、各専門分野の看護学と連携することに特長があります。

  医療の場で求められるのは、暖かい心と冷静で的確な判断力であり、確かな技術です。それを支えるのは、十分な知識と観察力であり、看護実践能力を育成するために準備された、本学の看護学基礎教育カリキュラムです。さらに、大切なことは学生ひとり一人が、自律的に学ぶことを継続することであり、学問に積極的に取り組む姿勢です。

  卒業後の皆さんの姿を少し想像してみてください。救急医療の場で生き生きと働く姿、小児病棟で子供たちに笑顔で話しかける姿など、学生ひとり一人が本学で学ぶことを通して、それぞれの夢を形にしていくのがこの4年間です。

 夢への飛翔にむけて看護を学ぶ皆さんを待っています。