赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

学術情報センター・図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
日本赤十字豊田看護大学 > お知らせ > ニュース > 中部ブロック夏季セミナーを実施しました

中部ブロック夏季セミナーを実施しました

2018年9月7日ニュース

平成30年8月28日(火)名古屋第一赤十字病院を会場に中部ブロック夏季セミナーを実施しました。

このセミナーは中部ブロックの赤十字病院と本学との協働による看護職対象のセミナーとして毎年実施しており、中部ブロック赤十字病院の15施設42名の看護師さんに参加していただきました。今年度のテーマは「よりよい新人看護師教育に向けて ―現状における課題と教育方法の検討―」として、刈谷病院理事長 平野千晶先生、名古屋第二赤十字病院 小児看護専門看護師太田有美先生を講師としてお招きし、実施しました。

セミナー参加者からは「新人指導について悩んでいるスタッフが多くいたので、今回学んだことを活かしていきたい」など感想を頂き、好評のままセミナーを終了することが出来ました。

 

中部ブロック 夏期セミナー 写真

 

中部ブロック 夏期セミナー 写真2

 

 

一覧へ