赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
教育理念
HOME > 大学院紹介(修士課程) > 教育理念

 

修士課程 教育理念と目的・目標・3つのポリシー

教育理念と目的

本大学院は、建学の精神である赤十字の理想とする人道的任務の達成を図るため、看護に関する学術の中心として、広く看護の実践と教育・研究に関する理論と専門技術を教授研究し、深い学識及び卓越した感性と人間性を備えた高度な看護専門職の育成を図り、看護学の発展とともに世界の人々の健康と福祉の向上と豊かな生活の創造に寄与することを目的とします。

教育目標

1 赤十字の基本原則に基づき、看護学の発展に寄与できる教育者・研究者を育成する。

2 看護学の専門分野における高度な実践能力を有する看護専門職者を育成する

3 看護の場で生じている課題の創造的解決に必要な能力を養う

4 国内外で発生する災害に多職種・多機関と協働して対処できる専門能力を養う。

5 地域連携を図り、ヘルスプロモーションを包括的に推進できる能力を養う。

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与に関する方針)

修士課程に所定の期間在学し、本研究科の修了要件となる単位数を修得するとともに、論文の審査及び最終試験に合格し、以下の要件を満たす者に、学位(修士(看護学))を授与します。

1
赤十字の基本原則に基づいた豊かな人間性を備えている。
2
看護学の発展に寄与できる教育・研究に取り組む基礎的能力を有している。
3
看護の場で生じている課題の創造的解決に必要なマネジメント力、システム構築力、人材育成力を有している。
4
人道的支援が必要な場において、多職種・多機関と協働して対処できる
5
地域連携を図り、ヘルスプロモーションを包括的に推進する能力を備えている

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

本大学院の教育目的・目標を達成するため、研究・教育者を育成するコースと、高度実践家を育成するコースを設け、看護学の発展に寄与できる人材、および高度な実践能力を有する看護専門職者の育成を目指し、以下の方針に基づき教育課程を編成しています。

1
看護学を探求するため「看護理論」を必修共通科目におく。
2
研究能力育成のため「看護研究Ⅰ」を必修共通科目に、「看護研究Ⅱ」を選択共通科目におく。
3
赤十字の看護の歴史を理解し発展させるため、「赤十字と国際人道法の歴史」を必修共通科目におく。
4
看護管理学、臨床実践看護学(成人急性期看護学、母性看護学、小児看護学、精神看護学)、地域生活看護学、災害看護学の4領域7分野に必要な科目をおく。
5
専門看護師認定試験の受験(CNSコース:母性看護、小児看護、精神看護)に必要な科目をおく。

アドミッションポリシー (入学者受入れの方針)

本大学院ではこのような人を求めています。

1
本学の建学の精神に共感できる人
2
自らすすんで課題に取り組む意欲や探究心のある人
3
専攻する領域における基本的知識を備えている人
4
高度な実践能力を有する看護専門職者として社会に貢献する意志のある人
5
国内外の諸問題に関心をもち、多角的な視点から考えることのできる人