赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
HOME > 大学院紹介 > 研究科長挨拶

 

研究科長挨拶

本学大学院では、看護の実践と教育・研究に関する理論や専門技術を教授し、人間性を涵養するとともに、広い視野に立つ高い看護実践能力と研究的な能力の育成をめざしています。

研究科長 山田 聡子

 本学大学院では赤十字の基本原則に基づく建学の精神を受けて、苦難にある人間に進んで手をさしのべる豊かな人間性を持ち、あわせて研究をとおして培われた深い学識と高度な看護実践力を備えた看護者の育成を目指しています。

 看護学は実践の科学であり、臨床や地域そして教育現場等での実践活動から生まれた知の蓄積が何より大切です。日頃の実践活動を振り返ると、改めて学びたい事柄や探究したい課題に気づくことがあると思います。その気づきこそが大学院で学ぶきっかけとなります。大学院に入学する前に科目等履修生として関心のある科目を受講することもできますし、就労しながら学ぶしくみもあります。まず一歩を踏み出してみましょう。

 大学院で“学ぶこと”は決して楽ではありません。しかし、実践現場と少し距離をおいて学ぶ時間をもつことや大学院で出会った学友と苦楽を共にする経験そして教員との知的な交流は楽しく有意義であり、数年をかけて深く広く看護学を探求することは専門職者としての財産になるでしょう。

 看護の対象である人間を尊び、学びの成果を実践に還元する意欲にあふれた皆さんを歓迎します。本学大学院の目指す先へと共に歩んでいきましょう。