救護員研修が行われました

2017.11.24ニュース

11月8日(水)から10日(金)まで、平成29年度日本赤十字社愛知県支部救護員研修が行われました。研修には本学の教職員が参加し、1日目は愛知県支部にて災害時のシュミレーション、2日目は本学を会場に実動災害訓練「災害拠点病院支援活動」を行いました。こちらの訓練には本学の学生も傷病者役や搬送班のボランティア、家族役として参加し、名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院から派遣された救護班、愛知県赤十字血液センターからの血液供給要員とともに活動しました。プログラムの一環として本学の敷地に着陸したドクターヘリに患者を収容し、救命医療を施しながら病院まで搬送するシュミレーションを行いました。また、豊田市消防本部にもご協力いただき、傷病者に対し適切な医療を提供するために効率よく搬送する訓練も実施しました。

 3日目は本学の体育館を大地震発生後から数日後の臨時救護所と想定し、様々な患者をいかに効率よく診療するかということを目的とした「仮設診療所を使用した救護所運営」を実施しました。

教職員と学生は3日間の研修に真剣に取り組んでいました。

 

List