赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
よくある質問(教育に関して)
HOME > 入試情報 > よくある質問(教育に関して)

  教育に関して

大学での看護教育は、看護短期大学や看護専門学校とどう違うのですか。

 大学は、単に看護師養成を行うだけではなく、看護学の研究をする機関でもあり、より広く深い知識を体系的に学ぶことができます。

国際保健医療支援実習について教えて下さい。

[授業目的]

 1 赤十字の国際救援事業や開発協力事業に参加できる人材の育成をめざす実践的教育とする。

2 発展途上国で生活している人々の健康の回復・維持・増進やQOLの向上をめざし、発展途上国における保健活動や医療支援の実際を体験学習する。

3 この体験を通し、将来国際保健医療支援活動としての看護実践ができる基本的能力を育成する。

[実習内容及び計画]

 1 実習施設は、ミャンマー赤十字社・タイ赤十字社・JICA・NGOの関連施設等とする。

2 学生は、見学・研修する施設によって、小グループに分かれて実習する。

3 学生1人当たりの実習期間は、1週間程度(移動日含む)の集中実習とする。

4 実習方法は、次のとおりである。

 ① 学内で実習目的・目標、実習方法の説明を受ける。

 ② 実習前にゼミ形式で、ミャンマー・タイ王国の理解、ミャンマー・タイ赤十字社の活動、

   ミャンマー・タイ王国における医療・保健支援の現状を学習する。

 ③ 現地で保健・医療活動支援を見学及び体験する。

 ④ これらの体験をもとに、将来国際保健医療支援活動をするためにどのように学習を深めればよいか意見交換をする。

[参加学生、必修・選択]

毎年10~20名程度

選択科目

科目等履修生・聴講生制度はありますか。

科目等履修生・聴講生は年度ごとに募集しています。詳しくは本学学務課(教務係)ま

でお問い合わせください。