赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

学術情報センター・図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内

日本赤十字社愛知県支部主催の救護員研修を実施しました

2018年12月11日ニュース

12月5日(水)から7日(金)にかけて、日本赤十字社愛知県支部救護員研修を実施しました。

この研修は、災害発生時に救護にあたる支部及び名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院、愛知県赤十字血液センター、本学の災害救護班の研修の一環として行われ、知識と技術の両面から赤十字の救護を習得することを目的としています。本学からは、2名の教職員が参加しました。

5日(水)、災害救護班は、愛知県支部にて講義の後、災害現場到着後における救護所での活動シミュレーションを行いました。

6日(木)は、会場を本学へと移し、現場救護所での優先順位を決定するシミュレーションや災害拠点病院での活動を想定した実働訓練を行いました。また、愛知県警察本部、豊田市消防本部、愛知県防災航空隊の協力を得て、ヘリコプターによる傷病者の救急搬送訓練も行い、機関の連携の必要性を体感しました。

この訓練に、本学4年生が授業「災害救護演習」で傷病者役や家族役、ボランティア役として参加し、災害時の医療や現場の雰囲気を体験しました。

7日(金)は、地震発生の数日後を想定し、dERU(仮設診療所)を展開し、幅広い症状の傷病者をいかに効率よく診療することを目的として「仮設診療所を使用した救護所運営」の訓練を実施しました。

学生は、積極的に質問を行い、災害救護活動について理解を深める機会となりました。

IMG_7557  IMG_7686 

 

IMG_7713  IMG_7591

 

IMG_7869  IMG_7881

タイ赤十字看護大学学生2名を受け入れました(途中報告)

2018年12月7日ニュース

12月4日(火)愛知県赤十字血液センターを訪問しました。

日本の血液事業の概要説明を受け、採血部門、供給部門、検査部門、製剤部門を見学しました。また、血液センターで勤務されている看護師さんにお話を伺う機会をいただき、日本の献血の実際を学ぶことができました。

この日は「ThaiJapanese Afternoon」を企画し、タイの文化(タイフルートの演奏やタイボクシングの披露)と日本の文化(折紙、書道、お茶等)の相互交流を行いました。お菓子をつまみながら楽しいひとときを過ごすことができました。

12月6日(木)「英語Ⅳ」の講義を受講しました。

この講義ではタイと日本の大学生活の様子などを英語でプレゼンテーションを行いました。英語で活発な質疑応答があり、タイと日本互いの大学生活を知ることができました。

タイ学生2名は12月9日(日)に帰国予定です。

血液センター見学

【愛知県赤十字血液センター】

Thai&Japanese Afternoon

ThaiJapanese Afternoon

英語Ⅳ

【英語Ⅳ】

看護学部1年生が授業の一環で血液センターを見学しました

2018年12月7日ニュース

11月30日(金)に、看護学部1年生131名が血液や輸血に関する知識や日本赤十字社の血液事業に対する理解を深めることを目的として、東海北陸ブロック血液センターならびに愛知県赤十字血液センターへ施設見学に行きました。

はじめに献血セミナーを受講し、その後、製剤部門や検査部門、供給部門などを見学し、献血された血液が輸血用血液製剤として医療機関に届けられる行程の説明をいただき、献血の大切さを学ぶことができました。

この見学は、1年生後期「形態機能学Ⅱ」の授業の一環でもあり、学生たちにとって普段の講義とは違った貴重な体験の場となりました。

見学1

 

見学2

 

見学3

 

見学4

 

タイ赤十字看護大学学生2名を受け入れました

2018年12月5日ニュース

昨年度から実施している本学国際交流活動の一環として、今年度もタイ赤十字看護大学学生2名を受け入れました。12月1日(土)~9日(日)までの期間、愛知県支部救護班要員養成研修見学、授業の聴講、病院施設見学などを予定しています。

12月1日(土)の午後、中部国際空港に到着し、本学学生のホームステイ先のご家族に引き継ぎました。

12月3日(月)は、オリエンテーション、キャンパスツアーを行い、午後からは「ヘルスアセスメント」「英語Ⅳ」を受講しました。

この1週間を通してタイ学生及び本学学生にとって互いの文化を学びあう良い機会となることを期待しています。

 

  429B0FCF-A30E-4903-A6D6-0C0CC18C2DDE           

 【中部国際空港到着の様子】 

 

  タイ看護大 常設展示室

  【学内施設見学:常設展示室】
 

  タイ看護大 実習見学

【学内施設見学:実習室見学の様子】

 

 

防災訓練を実施しました

2018年12月3日イベント

11月20日(火)防災訓練を実施しました。

学生及び教職員の防災意識を高めることや災害発生時に安全の確保ができる避難体制・方法を習得すること等を目的に例年この時期に実施しています。

今年度は豊田市消防署から職員の派遣などをお願いし、防災訓練実施後、消火訓練・煙体験・地震体験なども行いました。

防災訓練を通じて、日頃から防災に対する意識を高める必要があると改めて感じることができました。

     IMG_7373 

 

     IMG_7413

第54回日本赤十字社医学会総会に1年生・4年生が参加しました

2018年11月27日イベント

第54回日本赤十字社医学会総会が11月15日(木)・16日(金)に名古屋第一赤十字病院宮田完志院長を大会長として、名古屋国際会議場にて開催されました。

メインテーマは、「人工知能の時代にこそ人の手のぬくもりを ~未来への懸け橋~」でした。

このテーマには、AIの飛躍的な発展など、いかなる時代にあっても医療人の手のぬくもりは、何物にも代えがたい医の心の具現であるという気持ちが込められています。

11月16日(金)は、鎌倉学長、村瀬学部長を座長として「食べることは生きる源」というテーマでシンポジウムを開催しました。

藤田医科大学准教授桂長門先生、愛知県がんセンター中央病院青山寿昭先生、京都第一赤十字病院今田智美先生の3名にシンポジストとしてご講演いただきました。

本学の1年生・4年生合わせて266名が授業の一環として参加し、栄養と免疫、腸を使うことや口から食べることの重要性、嚥下機能障害がある患者を支える看護ケアの具体的方法や関わり方について学ぶ貴重な機会となりました。

 

 IMG_7318 

 

 IMG_7304

 

11月10日(土)宮口上フェスタに参加しました

2018年11月27日イベント

11月10日(土)宮口上公園で開催された、宮口上フェスタに本学教員と学生3名が参加しました。

当日は、防災訓練や食品販売などがあり、健康チェックコーナーにて、学生ボランティア協力のもと血圧測定を実施しました。

大人の方だけでなく、多くのお子様にもお越しいただき、学生にとっては貴重な経験となりました。

IMG_7234

 

IMG_7239

10月7日(土)逢妻ふれあいまつりに参加しました

2018年11月27日イベント

10月7日(土)に小清水小学校体育館で実施された「逢妻ふれあいまつり」に本学教員が参加しました。

逢妻地区ヘルスサポーターリーダーの方とともに健康チェックを行いました。

BMI・運動等に関するポスター掲示や体組成測定後の結果説明や健康相談を担当し、98名の方にブースにお越しいただきました。

IMG_7007

 

本学では、どなたでもご参加いただける公開講座を開催しております。

関心のある方は、ぜひご参加ください。内容に関しては、以下をご覧ください。

平成30年度公開講座一覧

大学院履修証明プログラム生を募集します

2018年11月6日ニュース

日本赤十字豊田看護大学では、このたび2019年度の履修証明プログラム生を募集することとなりました。申込みを希望される方は、下記の募集要項にある必要書類をご記入の上、期日までに本学の学務課へ郵送または持参して下さい。

募集要項はこちら

平成30年度 大学院特別講演会を実施しました

2018年10月16日ニュース

平成30年度の本学大学院特別講演会が、平成30年10月9日(火)16:20~17:50に石井 拓 先生(和歌山県立医科大学 医学部 教養・医学教育大講座 准教授)を講師に迎え、「看護研究にいかすシングルケース実験デザイン」というテーマで開催されました。

本学大学院生、教職員、近隣病院の職員の皆様など、54名が参加し、大盛況のうちに終了しました。

 

大学院特別講演会1           大学院特別講演会 2

前へ
次へ