赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
看護学部概要
HOME > 学部紹介 > 看護学部概要

看護学部・看護学科概要

本学は、国内外の保健・医療・福祉・救護の場面で活躍できる看護専門職を養成します。

少子高齢社会の到来や疾病構造の変化など、保健・医療・福祉分野が担う役割は複雑化・高度化しています。さらに活躍の場は医療施設にとどまらず地域へと拡大しています。本学の看護学部では、このような新たな看護ニーズに応えるために、医療機関に加えて地域の保健・福祉施設での実習を設け、地域の課題を生きた教材とした授業を用意しています。

さらに、プライマリーヘルスケアから高度専門医療にいたるまで、保健医療における現実的な問題を科学的に分析・考察し、対応できる基礎的能力、予防的医療から高次の医療・看護・研究等に幅広く応用できる能力を養っていきます。

4年間の看護学教育を経て、国内外の保健・医療・福祉の分野において指導性を発揮し、さらに将来、看護教育・研究の発展に貢献できる人材の育成を目標としています。

「教養」と「専門」を統合した
 楔(くさび)形カリキュラム
教養・専門基礎・専門の各科目群を個別にまなぶのではなく、5つの主要概念に沿って統合化。1年次から看護学の専門領域を学ぶことができ、段階的にその比重を高めていく楔形カリキュラムを導入しています。

豊かな人間性をはぐくむ、学びの分野。

カリキュラム編成の基本となる主要概念は、「人間」「環境」「健康」「看護」「赤十字」です。

看護の対象である人間は、環境と常に相互作用をしながら生活を営んでおり、自らの健康を保持・ 増進、回復するためにさまざまな活動を行っています。「看護」「赤十字」はその人にとって望ましい健康状態を生み出すように、人間と環境に働きかける関係にあります。

カリキュラムは、この主要概念にそって構成されています。

赤十字看護

人間 人間は、生物的・心理的・霊的・社会的側面が統合された存在であり、独自の信念・価値観・尊厳をもって
生きています。人間の総合的理解のため、心理学、人間発達論、人体の構造と機能などを学びます。
環境 環境には、内部環境(生体内環境)と外部環境(自然環境と社会環境)があり、いずれも人間の健康に大きな影響を及ぼします。環境を理解するために、社会学、人間工学、情報科学、疫学などを学びます。
健康 健康とは人間の総合的機能の動的状態であり、安定と不安定、発達や変化を繰り返しています。健康は
個別的であり、自ら作るものです。その理解のため、スポーツ健康科学、疾病・治療論などを学びます。
看護 看護は健康の保持増進、回復、あるいは平和な死に至るよう、人間と環境に働きかけます。対象者との
対人関係能力、問題解決のための専門知識・技術など、看護職に不可欠な能力を養う科目群です。
赤十字 赤十字は人道を基本として、あらゆる状況下で、個人の尊厳と権利を尊重するという価値観を実践しています。
赤十字原論、赤十字と活動、赤十字災害看護学などを学んで、その活動の基盤を修得します。