赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

学術情報センター・図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
日本赤十字豊田看護大学 > お知らせ > イベント > 平成30年度自治会特別講演会を実施しました

平成30年度自治会特別講演会を実施しました

2018年10月10日イベント

平成30年度の本学自治会特別講演会が、平成30年10月8日(月)13:00~14:30に第46回フローレンス・ナイチンゲール記章を昨年受賞された伊藤明子先生(名古屋第二赤十字病院 副院長兼看護部長)を講師に迎え、「私の歩んできた看護のみち」というテーマで開催されました。

国内外、特に災害の被災地や紛争地域での先生の活動体験をわかりやすくお話いただき、「人のいのちと尊厳を守る」人道の精神の大切さを先生の実体験を通して実感することができました。

手術室看護師時代の体験談では、伊藤先生の行動とチームワークで、90分で終わる手術がわずか45分で終わったというお話を聞いて、手術室看護師の行動で救える命もたくさんあるということを感じました。看護師の行動一つで医療の質が高くなり、また看護師の役割の重要性と可能性の大きさにも気づくことができました。

さらに、世界のどこかで5秒に15歳未満の子どもが飢餓でなくなっている現実があり、治療をして回復することができても、元の貧しい生活に戻ってしまい、完全に救うことは難しいことを知りました。その為、そこで生活する人々が自分で生活できるように公衆衛生面での指導をし、継続していけるような地域看護のような看護が必要だと感じ、このことを胸に刻み実習に望んでいきたいと強く思いました。

学生、教職員 280名余りが参加し、大盛況のうちに終了しました。

 

自治会  自治会 2

 

IMG_7045

一覧へ