赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
日本赤十字豊田看護大学 > お知らせ > ニュース > 喜多悦子氏特別講演「開発と国際看護」を開催しました。

喜多悦子氏特別講演「開発と国際看護」を開催しました。

2014年1月28日ニュース

平成26年1月10日(金)、公益財団法人笹川記念保健協力財団理事長の喜多悦子先生による「開発と国際看護」の講演が13時から16時30分まで行われました。この講演には、本学学生および教職員50名が参加しました。

kaihatsu4.jpg

20140110-1.jpg

kaihatsu2.jpg

kaihatsu1.jpg

kaihatsu3.jpg

看護学部3年生の「国際保健医療支援実習」の授業の一環として行われ、カンボジア王国での現地実習の前に「国際看護」「国際保健」とは何かを考える機会となりました。

映像や統計、体験談を交えた講義内容は、国際化とはグローバル化とは、を改めて考えるなかで、大気汚染や食糧問題などを含む地球規模の保健医療のさまざまな問題について、参加者全体で考えることが出来ました。そして国際保健・国際看護についてさらに学習を深めることの必要と重要性をも学ぶことができました。

 

 

一覧へ