赤十字で看護を学ぶということ

赤十字について

受験生のみなさまへ

在学生のみなさまへ

大学生活

諸手続き

情報処理教室・LL教室の利用について

メソフィア

卒業生のみなさまへ

諸手続き

卒業後支援窓口

キャリア支援

同窓会

養護教諭2種免許の申請

地域・一般のみなさまへ

聴講生 募集のご案内

科目等履修生募集のご案内

公開講座

施設利用案内

学内報 「いとすぎの丘」

ご寄付のお願い

情報公開(インフォ)

財務状況

自己点検・評価の結果報告書

情報公開

科学研究費助成事業

図書館

フォトギャラリー

  • 資料請求
  • お問合せ
  • アクセス
  • ご寄付のお願い
  • 教職員募集
  • リンク
  • 同窓会のご案内
日本赤十字豊田看護大学 > お知らせ > 災害倉庫について

災害倉庫について

2008年8月29日

  本学体育館の1階部分は、災害等に備えた赤十字救援物資、資器材(毛布・緊急セット・安眠セット・移動炊飯器・テント等)を備蓄する日本赤十字社愛知県支部の災害倉庫になっています。

 8.28愛知県集中豪雨災害時には、この災害倉庫の救援物資が被災市町に配分されました。

20080828_01.jpg

 

20080828_02.jpg

 dERU(国内型緊急対応ユニット)が大学に備えられています。
 災害発生時に迅速に災害現場で自己完結型の緊急仮設診療所を開設することを目的としたシステムの総称です。
 輸送用車両(4トン車)に自動昇降式多目的コンテナを載せ、コンテナ内には、大型エアテント(9m×9m)、医療資機材、医薬品、IT・通信機器、給水システム等を搭載しています。

20080828_03.jpg

 

 
一覧へ